ご挨拶・自分語り 学び

今後読みたい本を羅列する(自分用)

投稿日:2019年12月23日 更新日:

皆様こんばんは。大変お久しぶりでございます。(今回の記事は完全に自分用です。)

人間を形作る要素は何かと考えたときに、僕はいの一番に「知識」と「経験」を挙げます。食べ物で人が物理的に形成されるように、僕たちの心や頭は「読んだ」「見た」「聞いた」「感じた」体験から新たなる自分を生み出すと僕は思います。

そうであるならば、過去の先人達の思考・思想をインストールするのはやはり「本」が一番手軽なのかなと思うわけです。と言うわけで、今回は僕が今から読んでみたいと感じている本を羅列します。読み終えた後や、読みたい本が増えた場合は都度都度更新していきますね。

羅列なのでジャンルに縛られず、自由に書き殴っていこうと思います。

1.『アルジャーノンに花束を』

2.『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』

3.『ドグラ・マグラ』

4.『怒りの葡萄』

5.『7つの習慣』

6.『嫌われる勇気』

7.『自分の中に毒を持て』

8.『転職の思考法』

9.『天才を殺す凡人』

10.『金閣寺』

11.『風の谷のナウシカ』

12.『生きがいの創造』

13.『共産党宣言』

14.『雇用・利子及び貨幣の一般理論』

15.『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

16.『ユートピア』

17.『ライ麦畑でつかまえて』

18.『ヒトは「いじめ」をやめられない』

19.『経済は世界史から学べ』

20.『社会学入門』

21.『社会学の名著』

22.『人間失格』

23.『そろそろ人工知能の真実を話そう』

24.『思考は現実化する』

25.『入門書を読む前の経済学入門』

26.『火の鳥』

現段階ではざっとこんなもんでしょうか。家の本棚に入れっぱなしにしてるものもあれば、まだ購入していないものもあります。来年は2週間に1冊ずつのペースで読みたいと思ってますので、この中からそのうちご紹介する物も出てくると思います。

それでは今日はこの辺で。

 

 

-ご挨拶・自分語り, 学び

Copyright© 日刊賢者Times , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.