ご挨拶・自分語り ブラック

本当の自分

投稿日:2020年1月20日 更新日:

皆様こんばんは。

今から書く内容は、明日目が覚めたら赤面して消したくなるような黒歴史かも知れません。

中二病を拗らせた僕を温かい眼で見守って下さい。


 

今現在、2020年1月20日、午後8時53分。

僕は今、人生の岐路に立っているような感覚を覚えています。

自分の本当の姿は何か?

それらしいことを丁寧な言葉で紡ぐ八方美人か。

あるいは

この世界の全てを蔑み、見下し、罵倒し、嘲る、倫理観の欠片もないドス黒い血を持った獣か。

たまにわからなくなる時があります。


 

高潔な倫理観、気高い志、自らの破滅をも孕んだ利他、誰かの見本でありたいと願う心

でもそれはもしかすると

下劣、低俗、邪悪、猜疑心、傲慢、支配欲、暴力性とかの負の感情を、

道徳や秩序、社会性というフィルターを通して現実世界に解いた仮初めの姿なのかもしれない、、と思う時があるんです。

自分の中のドス黒い情念が深まるにつれ、他者に見せる面の白い輝きが増していく。

逆もまた然り。


 

僕はブラックジョークがメチャメチャ好きです。

社会に蔓延る理不尽や不条理、もしくは真実をそのままストレートに、時としてえげつない言い回しで痛烈に嘲笑する。

巧く言語化できたときの快楽ったらありません。脳汁ドバドバであります。


 

しかしながら、僕はこの世界の全ての人々が幸せに、豊かに、そして活力に満ちた人生が過ごせる世界もまた夢見ています。

格差がなく、平等で、健全な競争心で切磋琢磨する社会。

でもそれは、シャングリラであり、エリュシオンであり、ニライカナイであり、桃源郷であり、アルカディアであり、ユートピアである。

そうだ、実現できないからこそ理想郷なんだ。


 

あぁでも待てよ。

共通項があるかもしれない。

そうだ、笑いだ。

人々が、自分自身が笑って、楽しんでいる。

これこそが本当の自分。

僕が本当に求めていたことなのかもしれない。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーーwwwwwww

クッサwwwwwww

これはアカンwwwwww

まぁでも匿名で、好きにボロカス言える2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)って、だからこそ魅力的なのかもしれないですね。

まとめサイトが流行ってるのって便所のカキコミとも称される、そういう「人間の俗物的な考え」と、それに対する「他者の反応が両方見られて面白いから」でしょうね。

さて、それでは今日はこの辺で。

-ご挨拶・自分語り, ブラック

Copyright© 日刊賢者Times , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.